海外旅行、国内旅行、グルメ・・・Let's enjoy TOKYO LIFF.

東京を勝ち抜くための攻略本

広告

旅行

ANAビジネスクラスで豪華フレンチ機内食 《カンボジア旅行③》

投稿日:

ANAラウンジの魅力

ANAラウンジにてラウンジカレーを食べ、ラウンジ内をいろいろ散策、物色していきます・・・

シャワールームも完備されていたりするのですが、こんな感じの個別ブースもあったり。。

 

勉強がはかどりそうな空間です。  受験勉強していた時をなんか思い出したりします。

 

 

ラウンジカレー以外のほかの食べ物の方も充実しています〜

 

サラダにサンドウィッチ

 

 

チーズコーティングされた美味しそうなパン!

 

 

 

 

バターロール!

 

 

 

ANAの焼印がしてあるベビーカステラ

 

 

100%野菜ジュース

 

 

 

 

ラウンジでしばらくくつろいだ後は搭乗ゲートへ向かいます

ここでももちろん優先搭乗です!
ここでの優先搭乗は正直、あまり意味はありませんが・・・ 笑

ちょっとVIP扱いされるというところを楽しむというものになるでしょうか 笑

 

でもなんか全然庶民なのにもかかわらず、VIP扱いしてもらえるところが素晴らしいですね!

 

飛行機のゲートをくぐっていき〜  普段とは違う方! こっちですよ!! 左側です。

 

 

 

そしてカンボジアプノンペン行きの飛行機のビジネスシートに到着!
広い! 快適!!

 

 

 

足も広々座席の下にいれることができます。

 

 

 

素敵なビジネス空間です!

 

 

幸運なこと、今回隣の席も空いているのだとか・・・
これはノンストレス! むしろかなり快適です!

 

 

 

 

人生初のビジネスシートに座り、この贅沢ぶりを満喫していると、ここでなんとスパークリングワインウェルカムドリンクサービスが!!

 

 

空の旅にはやっぱりスパークリングの泡があいます。。  くぅぅ〜〜
アルコールが体内に染み渡りますね・・・

ウェルカムドリンクを楽しんでいると、間もなく成田を離陸

カンボジアへ向かう空の旅のスタートです! 出発!!

 

ビジネスクラスは飛行機の前の方にあるので、飛行機のウイングよりも前にシートがあります。

 

 

 

 

地球は青い・・・

 

 

なので、このアングルはビジネスシートしか 見ることができないのでは!?
とふと思ったりしました。
どうなんでしょうかね・・・

 

ビジネスシートフラットにし、たっぷりくつろぎながら映画鑑賞〜

 

 

 

ボタン1つでこのシートが自動的にフラットになっていきます。 かっこいい・・・

そうしていると機内食のアナウンスが〜

まってました〜!!

ビジネス専用の機内食!!
まずはメニューを渡され、日本食か洋食かの選択です。

 

 

まだ日本を出発したばっかりですし、ここは洋食を選択!
ピエール・エルメスイーツもついているということもポイントでしたね 笑

 

 

ビジネスクラス機内食のメニュー表です!

 

 

 

 

 

機内食の到着です!  ビジネスクラスなので、いつものように機内食の順番待ちなどもなく、すぐに料理を運んできてもらえます。

おなかがペコペコなのに、席が後ろのほうなので、順番でなかなか運ばれてこないというアレがないのは素晴らしい・・・

ビジネスクラスの豪華料理の到着!  ラウンジカレーにラーメンまで食べた後だったので、正直そこまでおなかが空いていたわけではありませんでしたが、このクウォリティにはテンションがあがります。

 

【カンボジア行き 〜洋食〜】

⚪️アベタイザー
鰊(ニシン)とジェノバソース  ポークパテをビーツとクランベリーのコンフィチュールとともに

⚪️メインディッシュ
グリンペッパーとマスタード風味のチキンソテー

⚪️ブレッド
バケット カンパーニュ

⚪️デザート
滑らかマンジェリチョコレートとフランボワーズのクリーム PIERRE HERME

 

見た目も美しく、高級なフレンチです。。
空の旅楽しい・・・

 

 

 

 

 

 

日本にいてもなかなか食べることのできない上品な味付けでした。
機内食なので、めちゃめちゃ美味しい! というものではありませんでしたが、食べたことのないような味付けを楽しむことができ、素晴らしかったです。

なんせ、雲の上天空の世界でご飯を食べるわけですからね〜
きっと江戸時代には誰、雲の上でこんな風にフレンチをたべることができるなんて、想像することすらできなかったでしょう。

そんなことを考えながら非日常な体験を楽しんでいきます。

最後のPIERRE HERMEのデザートはチョコレートに柑橘系のフランボアーズが混ぜられ、滑らかに仕上げられていました。
期待しすぎていたせいか、スイーツ好きな自分としては正直これはそこまでかな〜・・・ といった印象でした 笑

 

 

ビジネス専用広々フラットシートを活用し、少し眠ったり、映画を見たり・・・

アラレ赤ワインをのみながら・・・

 

 

なんてしているうちに、いよいよカンボジア到着!!
フライト時間はおよそ6時間。 ビジネス素晴らしいですね。
フライト中は、一切ストレスを感じることがありませんでした。

ビジネスクラスの良さを知ってしまったので、次の海外旅行でエコノミークラスに戻ることができるかどうか心配です・・・ 笑

 

-旅行

Copyright© 東京を勝ち抜くための攻略本 , 2018 All Rights Reserved.