旅行

ガウディ建築はまだあった!グエル邸へ《スペイン旅行⑨》

こんにちは!   ブラックカード修行僧、ヨーロッパ大好きネオ流浪人(neo_ruronin)です。

ネオ流浪人
ネオ流浪人
・グエル公園
・カサ・ミラ
・カサ・バトリョ

2日目のロサンゼルスでこれらをめぐり、これでガウディ建築は終了と思いきや、まだありました。
グエル邸に行ってきました! 

・グエル公園
・カサ・ミラ
・カサ・バトリョ

とは少し違った雰囲気の、ガウディ建築、グエル邸へ行ってきました

 

グエル邸へ

ダリ→ピカソときて

次は~

ガウディ!

グエル邸に向かいます!

グエル邸に向かい途中、可愛らしい女の子もいました。

芸術レベルが半端ない!

ガウディ作品群の1つ、グエル邸。

 

 

グエル邸内部へ

 

グエル公園でもその名前が登場する、大富豪!グエルさんのお家です。

 

グエル邸はガウディ作品群なので、入場料も結構取られます 笑

スペインでガウディ作品群を鑑賞予定のかたは、もう、そういうもんなんだとおもってたくさんお金を持っていくようにしましょう。

サグラダファミリアのガウディデザインのスーパーデザイナーズハウスということになります。

グエル邸は他のガウディ建築と比べると、かなり重厚感のあるつくりになっております。他のガウディ建築は、丸みを帯びたような、ふんわりとしたユニークな世界にいる印象をもちます。

 

 

まずグエル邸の入り口から!!

重厚感のある雰囲気の階段です。 ここにはかなり強そうなひとが住んでいるのではないかという印象。 絶対貧弱な人はここには住んでいないでしょう・・・

入り口だけで、住んでいる人が想像することができてしまうなんて・・・

世界遺産になるほどのデザイナーはやっぱりすごいと思いました。

ミーティングルームでしょうか・・・

食堂でしょうか・・・

 

 

こんな雰囲気のところで、談笑なんかはできなさそうですね。

 

ステンドグラスもかっこいい。

貴族の象徴! 家の中にビリヤード場があります。

 

 

格式の高い話しか許されないかのような雰囲気です。

 

 

グエル邸の屋上もガウディの世界観

そして屋上が素晴らしいです。

木を形取った、なんともアーティスティックな彫刻が屋上に並びます。

 

雲、青空に映えますね・・・

 

こんな素敵な屋上があったら、毎日でも屋上に上がって日向ぼっこをしながら読書にでも励みたいものです。

 

 

昼食はファイヤーへ

道を歩いていると途中すごく並んでいるお店があったので、並んでみることがありました。

 

すごくファイヤーファイヤーしていていい匂いが路上に漂っていました。

何を作っているのかと思うと~

こんな感じの中華麺の炒めのような感じ。

スペインにきて食べなくてもいいと思うけど、普通に美味しかったです。

後、ホテルへ帰還途中の道で、何人かの黒人の若者たちが殴り合いの喧嘩をしていました。

周りのひとたちも、やってるな~みたいな感じでみていたり、喧嘩を止めるひとがいたり警察官が出動してきたり・・・

スペインでは喧嘩は日常茶飯事なのでしょうか・・・

黒人どおしの喧嘩はかなり迫力がありました。

見かけることはほとんどないことだと思いますが、スペインへ行かれる際は喧嘩に巻き込まれないように注意してください~