グルメ

ワンタンがアクセントまた好みの醤油ラーメンを見つけてしまった《中村麺三郎商店》

こんにちは!   ブラックカード修行僧、ラーメンは醤油が一番大好きネオ流浪人(neo_ruronin)です。

 

ネオ流浪人
ネオ流浪人
ラーメンの中では醤油ラーメンが一番好きです。
またまた、自分好みの醤油ラーメンに出会うことができました!
最近、美味しい醤油ラーメンに出会える率が高いです。

食べログ ラーメン百名店 2018  2017に選出されている名店です。

都心部からは少し離れている場所にあり、用事のついでに途中下車してフラッと入ってみたお店だったのですが、かなり自分好みで美味しかったので紹介させていただきたいと思います!

お店の名前は《中村麺三郎商店》さん!

見事自分の好きな醤油ラーメンリスト入りです。

 

 

《中村麺三郎商店》 アクセス

場所はJR横浜線 淵野辺駅から徒歩5分の場所にお店はあります。

都心部からはアクセスはあまりいいとは言えず、他の用事があるときに、途中下車して、お店に行ってきました!

途中下車した時にお店がやっていなかった時のショックさは計り知れないものがあると思うので、しっかりと営業時間などをチェックしてから訪問するようにしてください!

食べログ界でも有名な「うどんが主食」さんもレビューしていらっしゃるお店になります。

うどんが主食さんって、うどんが主食なのに、ラーメン店にも結構行っていらっしゃるイメージがあるんですよね~ 笑

 

インパクト強い店名、店内はビックリマンのシールが!

まずはお店の名前がすごい。《中村麺三郎商店》!

歌舞伎役者さんのようなインパクトのある名前のお店です。

お店の看板も中々のインパクト!

平日の昼間にお店を訪れたのですが、待ち時間なしでお店に入ることができました。

 

中に入ると、店長やスタッフさんたちをモチーフにしたと思われるビックリマンのシールが色々飾ってありました。

こういう遊び心って面白くていいですね。

《Asitoism》さん のアメコミのフィギュアだったり。

《メダカたんたん》 さんのガンダムのコレクションを飾ってあったりと、こう行った男心をくすぐられるような、店内の雰囲気は個人的に好きです。

興味がない人とっては全く、興味がないものだと思いますが、ラーメンの待ち時間に、眺めているだけでワクワクした気分になることができます。

店内はビックリマンのシールからイメージさせるような、オタクの部屋!という感じでもなく、

《中村麺三郎商店》!の黒い看板からイメージされるような頑固親父の家!というイメージでもなく、清潔感のある洗練された印象のカウンターでした。

 

 

特製醤油らぁ麺 (ワンタン入り) 1100円

中々来れそうもないお店だと思ったので、一番気合いが入っていると思われる

特製醤油らぁ麺 (ワンタン入り)を注文しました。

お値段は強気の1100円です!

5-10分ほどでラーメンが到着!

まず見た目が美しいです。

綺麗に味付けされた味玉に、低温調理のチャーシュー。

見るだけでプリップリのワンタンもいいですね! ワンタンが入っていることで、個性的な一面も持っているラーメンになります。

鶏ガラの旨味と醤油の返しのコクがうまく纏まっており、角が取れたまろやかな味わいのスープでした。

そして、ツルツルした食感のあるストレート麺が醤油のスープによく合います。

写真には写っていませんが、メンマは穂先メンマ!

これも自分好み!

穂先メンマの方が、色々と食感の変化を楽しむことができるので、好きなんです。

このちょっとした心遣いが嬉しいです。

ワンタンは海老ワンタンのようでやっぱりプリッップリです。

醤油スープによく合いますね~。

トッピング全てが醤油スープに見事にマッチ。

味玉も味がしみていてグッド。

バラチャーシューと低加熱チャーシューで味の変化を楽しむこともできます。

特製にした甲斐がありました。  というか値段は正直高いのですが、絶対特製にするべきだと思います!

 

 

《中村麺三郎商店》まとめ

都心部からのアクセスはあまり良くないですが、遊び心のある店内で、鶏ガラが効いて旨味の強い醤油ラーメンを食べることができます。

近くまで来た時にはぜひ途中下車して食べに行くべきラーメン屋さんです。

トッピングと醤油のスープとの相性が抜群なので、是非特製らぁ麺を注文するのがオススメです。