旅行

世界7不思議の1つ? ストーンエッジへ《イギリス旅行⑤》

こんにちは!   ブラックカード修行僧、世界遺産大好きのネオ流浪人(neo_ruronin)です。

ネオ流浪人
ネオ流浪人
ストーンヘッジに行ってきました!
なかなか自力で行くのは難しそうだったので、現地ツアーのマイバスツアーで行きました! 

世界遺産のストーンエッジに行ってきました!

世界七不思議のうちの1つです。

昔の人は大きな岩をどうやって積み上げたのだろう・・
考えるだけでも面白いです。

 

朝食は期待できません。

ロンドン旅行3日目!

この日の朝食も質素なメニューがホテルの部屋まで運ばれてきます。

前日の夜に部屋の前に 朝食のメニューの紙ほかけておくと、チェックしておいた時間にチェックしたメニューの朝食を運んできてくれるスタイルのようです。

ヨーロッパでも、このスタイルの食事形式は初めてだったので、これはイギリス特有の文化なのでしょうか。

質素な食事をとってからは、ストーンエッジを見に行きます!

 

ストーンエッジツアーへ

集合場所は大きな駅。

 

こういうツアーで一番大切なことは、あたりまえのことなのですが、集合時間に遅れないことです。

集合時間に遅れると、ガチで置いていかれてしまいます。

一度、フランスのモンサンミッシェルツアーに行った時に、バスツアーに行った時に、集合場所を間違えてしまい、かなり痛い思いをしてしまいました。

なので、バスツアーを利用する際にはかなり余裕を持った行動をするようにしましょう。

 

自分でストーンエッジへ行くのはかなり難しそうだったので、ツアーで行くことにしました。

ツアーを使うのは、あまり好きな方ではないのですが、今回はツアーの力をお借りすることにしました。

 

そこからバスに乗ってストーンエッジへ!

 

シアターでストーンエッジに関してお勉強

まずは入り口の近くでストーンエッジについて学びます。

もう少し英語が理解できれば・・・

自分の英語力のなさを痛感いたしました。

お家の中がちょっとしたミュージアムのようになっていました。

 

ストーンエッジに到着!

 

 

七不思議。。

どうやってこのような石を積み上げたのか・・・

色々な説があるみたいです。

ストーンエッジに対して抱いていた期待値が高すぎたせいか、思ったより、石が大きくなかったかなという感想を持ちました。

 

どんどん近づいていきます。

もっともっとバカ大きい石が積み上げられているから、誰が載せたんだろう??

巨人族??

すげー!! みたいな感じになるかと思いきや、正直思ったよりも小さかったです。

小さいといっても石なので、やっぱり人が運ぶには重すぎるわけで、神秘的です。

迫力と神秘さに感動しました。

ストーンエッジは昔は触ることができたみたいですが、みんなが触りすぎて削れていってしまったようで、現在はお触りNGとなっております。

イギリスらしく、ストーンエッジの周りには羊がたくさんいました。

にしても、事前にガイドの人が言っていた通り、ストーンエッジは激サムでした。

ただでさえ寒いイギリスなのに、平地なので、風がすごい吹いているので、凍えます。

触ることができる石もあったので、触ってみて、大地のパワーを感じます。

 

子供達も引っ張ってみて重さを体感!

神秘的な場所で、地球、人類について色々考えさせられる場所でした。