海外旅行、国内旅行、グルメ・・・Let's enjoy TOKYO LIFF.

東京を勝ち抜くための攻略本

広告

旅行

世界一のモテテクを学びにいく!? イタリア旅行 イタリア周遊7日間 《イタリア旅行①》

更新日:

 

世界で一番イケメンがいる国はどこ??

 

自分が最も始めに思い浮かんだ国がイタリアです。

イタリアのシーフードピッツァ

 

日本でも、かわいい女子を見つけると、すぐに話しかけて絡みにいく系男子を、あいつマジイタリア人だよな~という感じでいじったりすると思います。 しないか 笑

 

テレビなどの画面越しでみる限り、イタリア人たちはセクシーダンディーで女性に優しく、めちゃめちゃカッコいいですよね!

大学生時代、イタリアからの留学生ということで2人やってきました。

男の子1人と女の子1人です。 名前は確かダヴィデサラ そんな感じの名前の2人が留学してきました。

 

ダヴィデの方は、さすがイタリア人というだけあり、高身長で短髪が似合う、爽やか系の細マッチョシティボーイ系イケメン。クラスの女子ともすぐに打ち解け、ノリも良く、クラスの中で一番いけてるグループの女子たちとも楽しそうにおしゃべりしたり、飲みに行ったり、遊びに行ったりしていました。

サラのほうは、少し気の強そうな感じで自分の意見とかをしっかり持っているタイプ。かわいいというよりは美人系でどこか知性を感じる印象でしたが、サラもすぐに女性陣と仲良くなり、家に遊びに行ってホームパーティとかをしている様子でした。

 

ん~ダヴィデやっぱりカッコイイな~自分もあんな感じ目指したいな~と思いながら、イタリアの人ってやっぱり、みんなあんなにカッコイイ人たちばっかりなの?とサラに聞いてみたところ予想外すぎる回答が・・・

「え?あんなのイタリアじゃ、全然モテないし、だれからも相手にされないわよ?」

かなりマジトーンのアンサーにビックリ

 

イタリアどんだけレベル高いねん・・・

正直な感想は、イタリアに生まれなくてよかったー 日本に生まれて良かったー

でした。

と同時に、これはイタリア行くしかない。

 

イタリアにいた美人カメラマンさん

 

イタリアイケメンたちの空気に触れて、色々観察して少しでもレベルアップを・・・

こうして自分の中のモテたい欲が今回のイタリア行きを決めたのであります。

 

 

いざ美食・芸術・歴史の町イタリアへ!!!

 

今回の旅行でやったことやりたかったことはこちら↓↓↓

・イタリア人からモテの奥義を学ぶ

・へぇ~と言いながら、トレビの泉でコインを後ろに投げ入れるといいうアレをやる

・美術の教科書でみたことのある作品(最後の晩餐)ミロのヴィーナスの誕生を実際に見てみる  美術館デートに行った時に困らないよう、テレビのクイズ番組で出題された時にシッタカできるよう美術的な知識を深めていく

・世界一小さな国 バチカン市国へ入国

・ローマの休日ごっこで真実の口に手を入れ、抜けなくなっちゃったをやる

・日本でピザを食べた時、イタリアのピッツァとはなんか違うんだよな~と言えるように本場のイタリアでパスタとピッツァを食べる

・世界的に有名な誰もが知っているハイブランドのイタリア製の服を買う。(この時点では着こなせなくてもOK)

・イタリアの世界遺産巡り

・ミラノのドゥオーモ(大聖堂) サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会でレオナルド・ダ・ヴィンチの最後の晩餐 

 

 

 

 

 

世界遺産にハズレなし?? 世界遺産数世界一の国イタリア

 

海外旅行、ヨーロッパ旅行といえば?? 絶対選択肢で外せないのはイタリア。自分自身初めてのヨーロッパ旅行は、イタリアになりました。

 

ヨーロッパは、日本からの距離は遠めではあるので、海外旅行の中では少し敷居が高いですが、結果それだけの価値は十分すぎるくらいあると思います。

 

国の形がまずオシャンティー。 ローマ帝国にルネッサンス文化、イタリアブランドにパスタにピッツァといったイタリア料理・・・ 自分が洗練させていきたいものがこのイタリアの地には沢山詰まっております。そして、イタリア人特有のフランクな感じと愛を楽しんでいる感じもすごくいいですね。

ローマのお馬さんタクシー

そして、イタリアには世界遺産が数多く存在します。世界遺産の国別ランキングでなんと世界第1位となっております。(2017年現在)

 

イタリア世界遺産の数は51件となっており、日本の20件と比較してなんと2倍以上。世界遺産巡りが趣味の自分としてももってこいの場所です。

 

イタリアの旅でお勧めしたいのは、いろいろな都市を巡っていくこと。歴史を感じるイタリアの首都であるローマ、芸術の街のフィレンツェ、水の都はベネチア、ファッションの発信地のミラノ。イタリアは各都市ごとカラーが全然違ってきます。

1つの1つの街がまるでテーマパークのよう。同じイタリアなのに、別の国を訪れているような気分になったような感じです。

 

自分が訪れたことのあるヨーロッパ旅行だとイギリス、フランスはロンドン、パリだけの1都市集中型。一方イタリア、スペインは各都市周遊型です。

それではいざ、イタリアの各都市を周遊して徐々にモテ男テクニックを学び、レベルアップしていきたいと思います。

 

 

-旅行

Copyright© 東京を勝ち抜くための攻略本 , 2018 All Rights Reserved.