グルメ

バリ島初めてのディナーはローカルタイ料理 カツキッチン《バリ旅行④》

こんにちは!   ブラックカード修行僧、海外リゾート大好きネオ流浪人(neo_ruronin)です。

ネオ流浪人
ネオ流浪人
ホテルについてからは、まず初めにディナーへ!
ホテルから歩いて15分くらいのところに現地民の集うローカルなタイレストランに行ってきました!

 

機内食の出ない格安空港。腹ペコな状態でバリに到着してメントスしか食べていない状態。

ホテルに到着してからはすぐに早めのディナーへと向かいました。

ホテルの中でのレストランもあるのですが、やはり割高。 なので、ホテルの外に食べに行くことにしました!

 

インターコンチネンタル バリ リゾートの部屋に

ホテル自体がかなり広いので、自分が宿泊する部屋にたどり着くまでに結構時間がかかりました。

インターコンチネンタル バリ リゾートの部屋はこんな感じでした。

部屋もめちゃめちゃ広かったです。

部屋も、部屋についているお風呂もかなり開放感を感じられる作りになっていてかなり広い・・・

 

 

スイートルーム使用なの? と疑ったくらいの広さです。

今まで泊まったことのあるホテルの中で一番広い部屋かも。

 

部屋も、部屋についているお風呂もかなり開放感を感じられる作りになっていてかなり広い・・・

 

 

日本でこの広さに泊まるとなるといくらくらいになるんだろうというくらい広かった。

こんな感じで、ここまで到着するまでにめちゃくちゃ疲れました。

 

 

バリ初ディナーへ

インターコンチネンタルホテルに到着すると、すぐディナーへ向かいます。

 

バリについてからまだメントスしか食べていないので、お腹はペコペコ。

1日目はホテルに到着したのが16:00だったので、その日はガイドブックにものっているホテルの近くの有名なタイ料理屋さん「カッツ・キッチン」でタイ料理を満喫して翌日に備えます。

 

タイレストラン カツキッチンへ

ホテルを出て右に道にあるくこと 15分~20分くらいでお店の到着。

バリはホテルの中はすごく綺麗なのですが、ちょっと道を出るとかなり東南アジア感がでます。街灯もなく、スーパーやレストランのあかりに照らされた薄暗い道を歩いていきます。道の舗装も不十分でデコボコです。 車、単車社会でかなりの台数の車が排気ガスを撒き散らしながら道を通過していきます。 雨季が多いため、熱帯植物が育ち、排気ガスをいっぱい吸ってくれるのでちょうど良いかもしれませんね。

車は多いのにもかかわらず、信号は全然存在しないので歩く時には、車にひかれないように注意してください!

お店には欧米の観光客や地元民なども訪れていましたが、外でタクシーが待っていたのできっとタクシーでやってきたのでしょう。 なかなかバリの夜中を歩くのは大変なので、タクシーで行くことほうがオススメかもですね。

日本で食べる本格派?のタイ料理屋さんよりも美味でした。メチャメチャ美味しい!!という感じではありませんが、値段もお手ごろです。自分としてはあんまりタイ料理は好きではなかったのですが、ここのタイ料理はイケちゃいますね。

 

ミックスフルーツジュース!

 

春巻き

サラダとチキン!

 

 

 

一番美味しかったのはグリーンカレー。

ハートに盛り付けられたライス。

 

ココナッツの風味ががっつり効いています。 味もまろやか。

今回のバリの旅行のなかで一番美味しかったかもしれません 笑

 

酸味が効いたタイっぽいスープ

 

空腹は最大のスパイスということも相乗効果で、かなり美味しいご飯をいただくことができました。

こんな感じでバリ島初日が終了!

格安空港の移動がマジで大変でした。

なのでとりあえず、この日は休みまくって休みまくります。