グルメ

普段食べている豚カツの2ランク上を食べれるお店《とんかつ しお田》

こんにちは!   ブラックカード修行僧の食にこだわるネオ流浪人(neo_ruronin)です。

ネオ流浪人
ネオ流浪人
とんかつ屋さんには普段あまり行かないので、本当にうまいとんかつとはどんなもんじゃい!ということで、本格的なとんかつ屋さんにいってきました。

ミシュランガイド2015特別版にも掲載されたとんかつの名店に行ってまいりました!

とんかつ しお田さんは、いつも食べなれているとんかつとは全然違う、圧倒的な肉感を感じ、とんかつの新たな可能性を感じさせてくれるお店でした。

 

とんかつ しお田 へのアクセス

東急田園都市線、宮前平駅から徒歩10分ほどです。

宮前平という地名ですが、全然たいらな平地ではなく、とんかつ しお田さんまでは、坂を登っていかなければなりません。

 

美味しいとんかつをさらに美味しく食べるためと思って、頑張って坂を上がりましょう 笑

平日の昼間だったためか、列には並ばずにお店に入ることができました。
駅から少し遠いのにも関わらず、お店の中は常連さんや、カップルやらで賑わっていたので、食べる前からこれは期待ができます。

カウンターで、カツを作るところを見ながら食べることができるのがいいですね。

 

ロースかつ御膳を注文!

ロースかつ御膳を注文することにしました。
お値段1680円の強気設定です。

カウンターからは、オシャレな帽子をかぶったマスターが、冷蔵庫から大きなお肉の塊を取り出し、マスタードなどを塗ってふわふわパン粉をつけている様子が見えました。

エンターテイメントですね。
お腹が減ってきました。

注文を受けてから作り始めるようなので、お店に入ってから、食べ始めるまでには30分近くかかるので、時間には余裕を持っておとづれることをオススメします。

 

ロースかつ御膳が到着!

そして待ちに待ったロースかつ御膳が到着!

お好みですり鉢でゴマを軽くすって、香りを引き出した後、ソースを入れてとんかつソースを完成させます。

そしていよいよ とんかつへ!

 

とんかつはどこから食べるか問題があると思います。

自分的な食べかたは、まず中心から行きます。
中心が一番美味しい気がするので。
そして揚げたてほど美味しいと思っているので、一番美味しいところを一番美味しい状態で食べたい。

そんな思いから、自分は一番中心の1切れを、ゴマ入りのとんかつソースをかけていただきます。

うん。 これは美味しいわ。。
ガッツリとした厚切りの肉の旨味、脂の甘み、衣もサクサクでした。

そして次は自分は端にいきます。
端の1切れは脂身が多い場合が多いので、ご飯と一緒に食べたいからですね。
1切れ食べてご飯が欲しくなったところで、次はご飯とという流れです。

予想通り、とんかつの端は脂身が多い状態でしたが、それほどウッとくる感じはなく、とろけるような味わいがしました。
良質だからこそなる仕上がりです。

 

ソース味が飽きたら味変も

からしや、塩レモンなどで味変できるのもいいところ。

塩で食べるとんかつも美味しいですね。

ご飯はかなり美味。  魚沼産のコシヒカリを使っているようです。

ご飯だけでなく、キャベツもどんどん進みます。

小鉢はタケノコとベーコンの和え物だったのですが、これもなかなかの美味。
ベーコンのうまみとタケノコの食感が最高でした。

豚汁も付いていたのですが、大きめにカットされた根菜が個性をよく出していて、かなり自分好みの味でした。

 

 

とんかつ しお田 まとめ

ガッツリと本格的なこだわりのとんかつを食べたいときにオススメ。

一般的によく食べているとんかつとは1ランクも2ランクも上をいっております。
ヒレカツなど、他の部位も食べてみたい気分になりました。