グルメ

超濃厚真空ラーメンが食べれるお店 《喜元門 研究学園駅前店》

こんにちは!   ブラックカード修行僧のラーメン大好きネオ流浪人(neo_ruronin)です。

ネオ流浪人
ネオ流浪人
今まで食べた中でもトップクラスのコッテリ濃厚ラーメンに出会いました! 

カップラーメンになったこともある、茨城県つくばのラーメンの名店、喜元門 研究学園駅前店にでいってきました。

研究学園前駅から徒歩3分くらいの場所にあります。
食べログのラーメン百名店2018、2017にも選出されている実力店です。

 

喜元門  研究学園駅前店へは つくばエクスプレスで

秋葉原から、つくばエクスプレス線で研究学園駅前まで向かいます。
筑波大学などの研究機関や教育機関が多く集まる、筑波研究学園都市があるので、研究学園駅という名前が付いているみたいです。

茨城県ですね。  なかなかこのラーメンを食べるために行く人は少ないと思うので、つくばエクスプレスに乗る機会があれば何かのついでにということで。

喜元門 研究学園駅前店ラーメン / 研究学園駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7

自分が訪れた時にはそんなにお店は混んでおらず、待ち時間なしでお店に入ることができました。

運よし。

 

ラーメン、つけ麺のメニューが豊富

ここのお店の特徴は、メニューが沢山あるということ。
あっさり系の塩ラーメンや、醤油、こってりの真空そば、真空つけ麺、煮干しのラーメンなどかなりメニューだ豊富のため、なかなか選ぶことができません。

しかも、特別推されているラーメンというものもないので、どのラーメンを注文しようかということも悩みます。
ちなみにカップラーメンになっていたのは醤油ラーメンみたいです。
なので一番の推しラーメンは醤油ラーメンなのかもしれません。

口コミを見ると、どのラーメンも美味しいみたいなので、その時の気分によって食べたいラーメンを食べるのが一番いいような気がします。

 

真空そばを注文

自分が訪れた日は、こってり系のラーメンをガッツリと食べたい気分だったので、真空そば(820円)を注文する事にしました。
真空鍋を使って豚骨、鶏、魚介をトロミがしっかりつくまで煮込んだ濃厚なスープのラーメンです。

 

真空そばの食券を購入し、注文しようとしたところで、ここでもまた一つの悩みが。

さっきまでどのラーメンにするか悩んでやっと決めることができたとこなのに・・・

 

チャーシューを5種類の中から選ぶスタイル

チャーシューを5種類の中から選んでくださいだと・・・・
・炭火焼きチャーシュー
・低温チャーシュー
・バラチャーシュー
・ローストチャーシュー
・直火焼きチャーシュー

どれも美味しそうなチャーシューなので、ここでもなかなか選べません。。
やっとのおもいで、食べるラーメンを決めれたかと思ったら、ここでまたもや選択の余地が広がっていってしまった・・・

この注文した真空ラーメンに一番合うのはどのチャーシューかを考えて選びに行くのか、チャーシュー単品でどれが一番美味しいのかを考えて選択するのか・・・
この選択を一瞬のうちに決めなないといけません。。

かなり頭をつかわされましたが、自分の1番の好みの低温チャーシューを選択させていただきました。

 

真空そばの到着

10分ほどしたらラーメンが到着!

ほんのりピンクのチャーシューが美しい。
やっぱり低温チャーシューを選択して正解でした。

超超濃厚なトロトロスープが麺に絡みつきます。
魚介系と豚骨と鶏の動物系のスープが喧嘩することなく、見事にマッチしています。

ドロドロとした感じはなく、トロトロのいった感じなので、喉の通りも悪いという感じはありませんでした。

歯ごたえがしっかりとして、モチモチのストレート太麺に濃厚なスープなので、麺にしっかりと絡みつきます。 濃厚で粘度の高いスープのため、熱々のまま食べることができます。

濃厚がゆえ少し、くどく感じてしまう時に玉ねぎがあるのが嬉しいですね。
味変を楽しむことができるのがいいですね。

 

喜元門 研究学園駅前店 まとめ

濃厚で美味しいスープのラーメンをがっつりいただくことができました。
またつくばエキスプレスに乗るときは他のラーメンも食べてみたいですね。