ブラックカード

ディズニー好き必須JCB THE CLASS (ザ・クラス)のメリット・デメリット

 

こんにちは!   ブラックカード修行僧のネオ流浪人(neo_ruronin)です。

ネオ流浪人
ネオ流浪人
JCB THE CLASS (ザ・クラス)はディズニー好きには最強のブラックカードです。
ディズニーに興味がなくて、コンシェルジュを使わない人にはあまりオススメ出来ません。

ディズニーファンにとって、最高のカードは現在、JCB THE CLASS (ザ・クラス)であることはは間違いありません。

JCB THE CLASS (ザ・クラス)を持つ一番のメリットは、通常入ることが出来ない秘密のラウンジに入ることができる点です。

ディズニーなんて全く興味ないよ な人にとってJCB THE CLASS (ザ・クラス)はどうでしょうか?

結論から言ってしまうと、実質的還元率が悪く、メインのクレジットカードと使うのは良くないです。家族カードが8枚まで無料で作れるのがメリットで、コンシェルジュサービスをよく使う人にはオススメです。

 

JCB THE CLASS (ザ・クラス)のメリット

・ディズニーとの相性抜群

・クレジットカードのデザインがカッコいい

・家族会員が無料

・ブラックカードの中では年会費が安い。

・年に一回  MAX25000円分相当のJCB THE CLASS MEMBERS

SELECTION(メンセレ)が届く

優秀なコンシェルジュがつく(24時間365日)

・ダイニング30、グルメベネフィットなどのレストラン特典

・プライオリティパス

JCB THE CLASS (ザ・クラス)のサービス、メリットは結構多いのですね。

高い年会費を払っているのでから、もっともっとサービスを利用しようと思いました。

 

ディズニー好きには絶対 JCB THE CLASS (ザ・クラス)

間違いなく、ブラックカードの中で最もディズニーと相性がいいです。

詳しくはこちらから。

 

 

ディズニー秘密のJCBラウンジ 、 USJ 秘密のJCBラウンジ

個人的に一番好きな特典です。

詳しくはこちらから

 

JCBコンシェルジュデスク

24時間365日利用可能なコンシェルジュデスク。

JCB独自のJCBトラベルが提供するコンシェルジュのため、丁寧であり対応が早く、他のコンシェルジュサービスと比べても定評があります。

自分はあまり活用していませんが、これからどんどん利用して研究していく予定です。

 

旅行時の自動付帯保険

クレジットカードの国内旅行傷害保険や海外旅行傷害保険は自動付帯保険です。

ここがクレジットカードに付いている保険を見るときのポイントの1つで、 JCB THE CLASS (ザ・クラス)は、自動付帯保険なので、クレジットカードの利用の有無にかかわらず旅行保険の適応があります。

 

・国内旅行傷害保険

家族会員も保険が適応

 

・海外旅行傷害保険

家族会員、家族も保険が適応

疾病や障害による治療費用の保証あり

 

 

空港ラウンジ

クレジットカードで入ることのできるラウンジを使うことが出来ます。

JCB THE CLASS (ザ・クラス)の本会員と家族会員の両方がラウンジの利用をすることが出来きます。

また、JCB THE CLASS (ザ・クラス)の会員1名につき、1名の同伴者も無料で利用することが出来ます。

 

JCB ラウンジ (Lounge) 京都

 京都駅ビル内のJCB ラウンジ (Lounge) 京都を利用することが出来ます。

JCB THE CLASS (ザ・クラス)の本会員と家族会員の両方がラウンジの利用をすることが出来きます。

また、JCB THE CLASS (ザ・クラス)の会員1名につき、1名の同伴者も無料で利用することが出来ます。

京都の特別なラウンジに入ることができるのは嬉しいですね。

京都旅行に行くので、自分としては、JCB THE CLASS (ザ・クラス)の大きなメリットの1つです。

 

プライオリティパス

世界中の1200箇所の空港ラウンジを無料で利用できる、プライオリティパスの発行ができます。このサービスはJCB THE CLASS (ザ・クラス)の本会員のみで、家族会員はプライオリティパスを発行することが出来ません。

JCB THE CLASS (ザ・クラス)を持っていると、プライオリティパスがなくても、空港のラウンジに入ることが出来ます。

ただ、国によっては、JCB THE CLASS (ザ・クラス)を持っていても、プライオリティパスがないと入ることが出来ないラウンジもあるので、プライオリティパスを発行するべきだと思います。

韓国の仁川空港にはそういうラウンジがありましたので、韓国に海外旅行する際にはプライオリティパスを発行していくようにしてください。

 

JCBプレミアムステイプラン

提携のホテルがお値打ち価格で止まることが出来ます。

やっぱり、SPG アメックスカードの破壊力と比べると破壊力が弱いので、自分は、あまり積極的には利用していません。

 

 

海外ラグジュアリー・ホテル・プラン

さまざまな特典付きで、海外の提携のホテルに宿泊できます。

こちらも、SPG アメックスカードの破壊力と比べると破壊力が弱いので、自分は、あまり積極的には利用していません。

 

 

グルメベネフィット

提携のレストランの所定のコースを2名以上で予約すると、なんと1名無料になります。

正直良さそうなレストランは少ない印象なので、利用したことがありません。

いいレストランが眠っていないかチェックしていきたいと思います。

 

 

ダイニング30 

対象の店舗での事前予約で代金が30%オフになります。

これもグルメベネフィットと同じく、パッとするレストランがないので、自分は利用したことがありません。

本当に美味しいお店とか予約の取れないお店ってこういうことってあんまりしないですよね。

なんでそういうことです。

割引に飛びついてお得感を味わってそこそこの料理を食べるよりも、本当に美味しいお店に予約して行って、本当に美味しいもの食べる派です。

 

ドクターズダイレクト

医療、介護、育児に関する相談が24時間、無料でできます。

自分は利用したことがありませんが、無料なので、経験値が豊富な人に聞いてみるのは良さそうなので、今度機会があれば利用してみようと思います。

 

JCB THE CLASS (ザ・クラス)のデメリット

ディズニーやUSJ好きでないと、JCB THE CLASS (ザ・クラス)の特典のありがたみを感じにくいです。

 

・ポイントがほとんど堪らず還元率が悪い。

・ ブラックカードの中では年会費は安いが、それでもJCB THE CLASS (ザ・クラス)の年会費は高い。

 ・クラブ33には、もう入れない

 

還元率が低いので、支払専用のクレジットカードとしては弱いというのがJCB THE CLASS (ザ・クラス)の最大のデメリットです。

ブラックカードの還元率に関して詳しくはここから

 

 

ディズニー秘密のレストラン、クラブ33には、もう入れない

2019年になってから、JCB THE CLASS (ザ・クラス)の1番の改悪です。

ディズニー秘密のレストラン、クラブ33に入れないので、JCB THE CLASS (ザ・クラス)を退会する人が続出するのではないでしょうか・・・

これはやはり自分も非常に残念な改悪でした。

今後是非ともJCB THE CLASS (ザ・クラス)にこのクラブ33への招待は復活させてほしいと思います!

クラブ33にまた入れることになれば、JCB THE CLASS (ザ・クラス)はまたドーンと急上昇します。