グルメ

マジモンの豚骨ラーメンを食べたいなら、福岡の魁龍本店

 マジモンの豚骨ラーメンなら 魁龍 博多本店

福岡の地元民に、一番豚骨っぽいオススメのラーメン店を聞いたところ、このお店を紹介された。 地元民が愛する味か・・・

これは気になる!

ということで福岡旅行の際に行ってみた。

 

結論から言うと、東京の上品な豚骨ラーメンとは一線を画すラーメンだった。

一蘭とかの、臭みないあっさり系豚骨じゃなくて、いい意味でめっちゃトンコツ臭いラーメン。

一緒に食べた女の子はめっちゃ美味しいって言ってたけど、好みは分かれるところ。

 

 

魁龍本店 アクセス

福岡空港からタクシーで約15分 片道2000円の場所にある博多ラーメン店!

往復にすると3000円から4000円・・・

 

交通費で考えると、正直ハードルは高いが、自分の結論としては、その値段を払ってでも行くべき店の1つ

福岡空港から近いので、福岡住みじゃない人間にとってはアクセス良好。

お店の暖簾には「どトンコツラーメン」の文字。

 

 

 

 

決して看板にセンスは感じられないが、どことなくこだわりを感じる。

店に入ると、王貞治に孫正義など、日本が誇る世界のスーパースターたちの写真が飾られていた

 

 

それと同時に、いい意味で品のない豚骨の香りが漂う。

自分的には決して、良い匂いとは思わないが、本場の豚骨ラーメンの、本炊きだからこそ味わうことのできる体験。  好きな人にとっては好きな匂いだと思う。

 

ラーメン本炊きとは?

ラーメンの本炊きってなに?? ってかたはこちらを!

※本炊き

店内で、豚骨などからスープを作っているのが本炊き

本炊きの反対はセントラル炊き

※セントラル炊き

セントラルキッチン(工場のようなところ)で作られたスープを、店内で温めて提供

ガス代の節約などにつながる

本炊き か セントラル炊き

換気扇の汚れなどで見分ける

家系のチェーン店なんかはセントラル炊き

カレーでいうと手作り風カレーのようなもの

レトルトのカレーを鍋で温め直して手作り風カレーといって出しているようなイメージ

もちろんセントラル炊きでも美味しい店はいくらでもあるが、やっぱりラーメンは本炊き派。

 

 

魁龍では かなり尖ったクセの強い店長も名物

他にも店内は、芸能人やグルメ著名人のサインがたくさん。

 

そして、キャラ強い大将が熱量高めで魁龍のラーメンについてアツく語ってくれる。

この店のラーメンは品のないラーメンだと。

 

 

バリカタなんて言葉は存在しない!?

バリカタとかハリガネはこの店にはないと断言。

あんなのは生焼けだ。食中毒を起こすよ。お腹痛くなるよ。

「バリカタ」とか「ハリガネ」とかは茹で時間を短くして、店の回転を良くしようとした造語だ。

 

バリカタとかはそんな麺はない! あんなんは生茹で

だからお腹痛くなる

金儲け主義で 回転回すために作られた言葉だ

と鼻息荒く語る。

 

この店では、バリカタは注文できない。

そして店長から麺の硬さは、 やわ麺のズンダレ  をめっちゃ薦められる

ズンダレとか聞いたことないし な 笑

 

バリカタなんて言葉ないとか言いながら、 ずんだれって言う 言葉を 作っとるやん!

 

オススメはやわ麺のずんだれ

そこまで言われるなら・・・と「ずんだれ」を注文!

これが本物の久留米ラーメンだから食べてみてくださいと自信満々。

ラーメンは好みの問題  これが旨いか旨くないかはあなた次第。

コレがうちのラーメンだから食べてみてください! とずんだれのラーメンを運んできてくれた。

んーー 旨い!! と思わず声が出る旨さ。

豚骨臭さが強めという感じではなく、コゲがいい感じのアクセントになっていて旨い。

ドロドロの ど豚骨スープに麺が良く絡む。

店主曰く、骨髄から作った豚骨スープだからなんとも言えないトロミが出て、他の何か加えてドロドロにしているものとは根本的に違うらしい。

ずんだれ麺も、バリカタとは違った小麦感を感じることができて、本当の正解のように思えてきた。 ワンタンもいい感じ。

確かにこのドロドロのスープに中太のやわ麺の相性は抜群。

麺屋一双で食べた時にも感じたが、豚骨とワンタンの相性もいいんだよなー

ここまでこだわり抜かれた、豚骨で濃いドロドロなラーメンはなかなか食べることができない。

博多におとづれた時にはまたいきたい店の一つ。