海外旅行、国内旅行、グルメ・・・Let's enjoy TOKYO LIFF.

東京を勝ち抜くための攻略本

広告

その他 グルメ界

人生の最後に食べたいものは?《つきたてのもち》

投稿日:

最後の晩餐。人生の最後に一番食べたいものは??

街中でおじいちゃんとおばあちゃんの会話が聞こえてきました。

 

「何か食べたいものがあるかね??」

 

「ん~ そうだなぁ~  つきたての餅が食べたいな~」 とおじいさんちゃんがいっていました。  夏の日の出来事です。

 

夏にでも食べたいのが「つきたての餅」です。

 

何が食べたい? 餅! というのではなく、「つきたての餅」をいうのがポイントだと思います。

 

たまたま聞こえてきた、おじいちゃんとおばあちゃんの会話。

きっと人生最後の食事で食べたいものは何かというような会話であったと勝手に解釈しました。 笑

 

大先輩がたの、人生を感じることができたお言葉ですね。

確かに、つきたての餅というのは最高の贅沢。

 

お正月ということなので、餅つき機でついたつきたての餅をいただきました。

ん~ うまい。 やっぱりうまいです!

最高の贅沢ですね。

 

毎年お正月に、ご年配の方が餅を詰まらせて運ばれるというニュースが世間をザワつかせていますが、それでも食べたくなる、お正月の餅というのは、お気持ちわかってしまう気がします。

 

ということで、家庭でやるのは難しいかもしれませんが、ウスとキネを使った餅つき大会をやっていきたいですね。

 

 

「つきたてのもち」を堪能

お正月! お正月を言えばOMOCHI

餅つき機をつかった、つきたての餅を堪能です!

 

 

 

1年に1回の最高の贅沢です。

 

今年のつきたての餅は少し水分が多めで、米感が強かったかもしれませんがその個性がつきたてのお餅のいいところです。

 

これはこれで激ウマなのです・・・

みずみずしくてモッチモチで美味!

これが究極!もっちもちの生もちです。

 

お餅もお寿司と同じで鮮度が命!!

 

食べやすいサイズにわけわけしたらすぐにパクッと頂きます!

 

まずはそのまま何もつけずに・・・

 

う、ううまぁぁい!!

 

1年に1回の最高の贅沢を噛み締めます。

 

 

 

大根おろしきな粉醤油のりのトッピングをお好みで

個人的にはあんこが一番このみです。

 

なかなかお店では食べることのできない最高の贅沢を堪能させていただきました。

 

 

最強のリア充イベントは?

自分の考える一番のリア充イベントBBQだと思うのですが、次に来るのではないかと考えているリア充イベントがこのウスキネをつかった餅つき大会です。

 

今回は餅つき機を使用した、つきたての餅会だったのですが、ぜひ臼杵の餅つき会がやってみたいです。

 

浦島太郎のauのCMでも、金太郎のノースリーブくんが、織姫ちゃんと、ピタッとする餅つき大会を行っております。ピタッと~  ピタッと~  付き合っちゃう??

 

みたいでする餅つき大会

これは超楽しそう・・

みんなが求めていた究極のリア充イベントなのでは・・・

 

つきたての餅を食べたいただいたところで、いつかはやってみたいリア充イベントに餅つき大会が加わりました。

 

ラファエルさん考案の拳だけで餅をつくる餅つき大会もあるみたいですが、これは流行らないかな・・・・

-その他, グルメ界

Copyright© 東京を勝ち抜くための攻略本 , 2018 All Rights Reserved.