海外旅行、国内旅行、グルメ・・・Let's enjoy TOKYO LIFF.

東京を勝ち抜くための攻略本

広告

攻略メソッド

イイネ!文化 SNSについての考察

更新日:

 

 

ソーシャルネットワークサービス SNSについて考察

 

今回はうってかわってSNS! ソーシャルネットサービスについての考察です。

 

 

ペッパーくん!最近いたるところで目撃するようになりました。

 

ブログ、2ちゃんねる、ミクシィ、ツイッター、フェイスブック、インスタグラム・・・

これらは個人が情報を発信していくことができるサイトやSNSツールです。

 

 

 

 

2ちゃんねるについての考察

 

 

 

 

2ちゃんねるは主に匿名で、テーマごとに書き込みをしていく掲示板

 

テーマごとに、匿名化された個人から発信された情報があつまるため、ここでしか得ることの出来ないような有益な情報であったり、決して表に出ることのないような裏情報を得ることも可能です。

 

匿名化で文字のやりとりしていくため、嘘の情報過激な情報などをノーリスクで書き込むことができます。そういった特徴があるため、2ちゃんねるなどの匿名掲示板はどちらかといえば、批判文化が中心。

 

 

物事を批判目線で見て、書き込んでいるととが多く、時に鋭い批判的コメントが・・・

 

 

コテハンといって、固定のハンドルネームを使って書き込みをしている猛者のかたなんかは、視点が鋭く独創的で天才的な書き込みをしていくひともいたりします。

 

 

自分が支援とか応援していたりするものなんかがかなりバッサリ斬られていたりするので、センチなひと観覧注意です。

 

根も葉もない嘘情報や、意味もない批判中傷コメントなどのなかから、たまに得ることのできる有益情報をきちんと判別していくことができる能力をもちながら見ていくことが必要でしょう。批判コメントにばっかり注目して、無駄にイライラしたり、ブルーな気持ちになっていってしまうことが多いので、スルースキルをしっかり持った上で利用していくことを強くお勧めすします。

2ちゃんねるなどの匿名化掲示板をまとめているサイトもあったりするので、そういったものをうまく使いながらここでしか得ることのできない情報をうまく利用していきたいですね。

 

 

 

ミクシィについての考察

 

 

 

 

次はミクシィ。ひと昔前は一斉を風靡したSNSサイトです。

 

mixiの初期のころは紹介制のSNSサイトでした。つまり、だれかmixiをやっている友人に紹介してもらわないと、mixiをはじめることさえできないというものでした。

 

 

友達がいない人間はmixiを始めさせてもらうこともできなかったのです・・・

さらにmixiブームは加速!! 友達がいない人にもmixiやらせてあげてよということで?招待制ではなくなり、だれでも、mixiのIDを作成し、はじめる事ができるようになりました。

 

 

そして何と言っても、mixiの醍醐味といえば「あしあと」機能。自分のmixiのIDでログインしていないと、他の人の投稿記事なんかを見ることが出来ないというシステムです。

個人的な見解かもしれませんが、これがまた面白かった。。

 

 

ミクシィの記事、主に日記は、そもそもミクシィに登録している人しかみることが出来ません。そしてミクシィにはマイミクというお友達機能があり、マイミク限定の記事という設定を行うことも可能でした。当時のmixiの日記は、一般公開向けというものではなく、かなりプライベートな内容が書かれていることが多かったので、気になるあの人の日記は是非とも見てみたいものであったのです。

 

 

しかーし、その人の記事を観覧すると、その人のHPに「あしあと」が残り、記事を見ましたということがわかってしまうのです。

この「あしあと機能」がなんとも面白かったわけです。

 

 

毎日あしあとを着けてくれる人もいたりして、なんだこの人・・・となるわけです。

1週間に2.3回くらいならあしあとつけてもOKかな・・・

 

 

といったような感じの「あしあと」攻防戦が行われるのです。

この「あしあと」機能がパワーアップしていき、1週間に10回まで削除可能といったような機能が付くようになったり・・・ などなどより「あしあと」攻防戦が面白くなっていったのです。

 

ツイッター人気の加速により、mixiの勢いも少し落ち気味だったころ・・・

なんともビックリなことに、この「あしあと機能がなくなってしまったのです。

自分の感覚では、この「あしあと」機能がなくなってしまった後にミクシィ離れ、ツイッターやfacebookへの移行が始まっていったように感じています。

 

 

 

 

ツイッターについての考察

 

 

 

 

ツイッターは、今でもかなり広く浸透しているSNSツールなのではないでしょうか。

 

 

ツイッターは140文字や写真を使い、いかに多くの人に反響を及ぼすことができるかという140文字以内でいかに面白いこと、興味深いこと、有益なことをつぶやくことができるかということが大切になってきます。

 

素晴らしいツイートやヤバイツイートはどんどんリツイートによって拡散されていきます。ツイッターはこのように、ほっこりするような素晴らしいツイートもあったり、多くの人が不快に感じるようなツイートもでてきたりと肯定文化、否定文化の両方が入り混じっているツールでしょう。

 

また、新しいつぶやきであればあるほど、タイムラインの上位に反映されていくという特徴があります。このシステムの特性上、どんなに素晴らしいツイートを過去にしたとしても、すぐにそれらは忘れ去られていき、新しいものだけでタイムラインが形成されていくようになります。

 

 

常に最新の情報がトップに登場するということですね。最先端!! どんな媒体よりも情報が早いなんてこともあったりします。

注意する点は、フォロワーさんのツイートは無差別に自分のタイムライン上に登場する点です。お友達ということで、フォローお願いします!なんていうことを繰り返していると、挨拶などの他愛のない話がメインとなってしまったりすることもあったりします。

 

 

お友達とツイッター上で会話を楽しむというのもいいと思いますが、文字上での会話というのは誤解を招きやすいこともあったりします。言葉の解釈という問題も発生してしまい、相手の言葉であっても自分のその時の気分などで勝手に解釈してしまい、どうしてもすれ違いが生じてしまいます。 メールやラインでの会話と同じですね。コミュニケーションの半分以上は仕草や表情なんていいますから、そういったものなしに文字だけでコミュニケーションしていくというのはなかなか難しいことなのかもしれません。

 

自分の興味がある人や必要としている最新の情報を得たい時に最高のツールとなり得るでしょう。そのためにはフォロワーさんを上手く厳選させていくことがキーになっていくと思われます。

 

 

 

 

フェイスブックについての考察

 

 

 

 

フェイスブックは世界中でもメジャーなSNSツールだと思います。本名で登録する人が多く、非匿名化性が主流となって自分のことをにかんする記事や日記などをを投稿していきます。非匿名性が主流のため、肯定文化です。フェイスブックには「イイネ!」ボタンしかありません。「ダメネ!」ボタンはないのです。ネット上でも特定の一般個人を否定していくということはしないのです。世界中で流行しており、自分も、海外旅行にいった時や、海外のかたと仲良くなった時など、フェイスブックはやってないの??とかフェイスブックのアドレスがかいてある名刺をもらったりしています。実際にあったことのある人を友達として登録していくことが多く、海外の友達がいたりすると良いですね。自分もインターナショナルな人間になりたいです。

 

小中高の同級生を何やってるのかなーとかふと見てみたくなりますよね 笑

 

あと就活の時などにもfacebookをチェックされることも多かったりするみたいですよ・・・「友達のみに公開」の設定にしていない限り、誰からでもアクセスされる可能性があるということです。YahooやGoogleでその人の名前を検索すると真っ先にフェイスブックがヒットしてくるような状態ですから・・・ facebookではネット上でのキャラをつくっていくのではなく、リアルの素の自分を出していき、あまり過激な内容やハッチャけた内容にはせず、なるべく万人受けするような内容にしていきましょう 笑

 

 

 

 

インスタグラムについての考察

 

 

 

 

インスタグラムオシャレな写真をアップしていくSNSです。今やインスタグラムは世界中で流行しており、お洒落な芸能人なんかも利用していますよね。とにかくお洒落でイケている感をだしていくのがインスタグラムの特徴だと思っております。画像にコメントやイイネ!機能をつけることもでき、インスタグラムでイイネ!をもらうのが楽しみで写真をあげているといったような声も聞くくらいです。

 

そのほかにもインスタグラムにアップするための写真を撮りに旅行にいくよ~といった声もきいたりします。 インスタ映えといったフレーズを使うことにより、リアル社会での自撮り文化や、セルフィーではあるものの、モデルになった気分を味わうことができるといったように、実社会においても毎日を楽しむという意味において、良い影響を及ぼしているように感じます。

 

またインスタグラムのフォロワーということで、イケてる写真をたくさん投稿している人たちのグループのようなものもできているようで、盛り上がりを見せています。インスタグラムのいいところは、投稿するときに写真をいい感じに加工してくれるようにできているため、スマホで撮影したときには、普通の写真であったとしても、加工によってイケてる写真を手軽にアップすることができる点が素晴らしいと思います。

 

とはいうもののなかなか素敵な写真って撮影するのは難しいものですよね~・・・

フォトジェニックな写真を撮影できるように、日々の生活をオシャレに過ごしていきたいと思います! ん~・・・お洒落ってむずかしい・・・

 

-攻略メソッド

Copyright© 東京を勝ち抜くための攻略本 , 2018 All Rights Reserved.