グルメ

初めて劇ウマだと思った、汁なし担々麺   《めだかタンタン》

こんにちは!   ブラックカード修行僧、麺はやっぱりラーメン派なラーメン大好きネオ流浪人(neo_ruronin)です。

ネオ流浪人
ネオ流浪人
TOKYO ラーメン部門で食べログ100名店に選出された《めだかタンタン》にいってまいりました!
ラーメン派な自分も大満足の汁なし担々麺。
しっかりと混ぜることで、四川山椒、海老塩だれ、麺、野菜の全てが、見事に完璧にマッチングです。

もはや国民食となったラーメン。

ラーメンも時代とともにどんどん進化をとげていき、いろいろな種類のラーメンが生まれました。ラーメンだけでなく、つけ麺や混ぜそばなど、色んなジャンルの麺が誕生しています。

自分は圧倒的にラーメン派なので、つけ麺ですら少しうーんといった感じで、ラーメンとつけ麺があると、ラーメンを注文したくなってしまいます。

高級中華なんかに行くと、ご飯もので、汁なし担々麺を選ぶことができる時があると思うのですが、自分はまず選ばないですね~

そんな自分でも、激ウマだと思ったのがこちら、《めだかタンタン》さんの汁なし担々麺になります。

 

《めだかタンタン》アクセス

場所は、JR東中神駅。 なかなか行くことのない駅だと思うので、JR青梅線に乗る機会がある時には、是非途中下車して、《めだかタンタン》に行くようにしましょう!

自分もそんな感じで、途中下車して《めだかタンタン》へ行ってきました!

食べログ 百名店  ラーメン TOKYO 2018  2017にも選出されている名店です。

 

JR青梅線、東中野駅から徒歩5分くらいのところにお店はあります。

平日の夜にいったため、待ち時間は無し!

先客さんが1人いるだけでした。

 

 

ガンダム達が立ち並ぶカウンターでしっかり混ぜる!

ご主人の趣味と思われるガンダム達が並ぶ店内のカウンターに座り、汁なし担々麺を注文!

すると、5分もしないうちに汁なし担々麺の到着です!

しっかりと混ぜてお召し上がりください! ということだったので、しっかりと混ぜ混ぜしていただきます。

挽肉、モヤシ、野菜と一緒に、麺とタレを混ぜ混ぜしていきます。

この汁なし担々麺を混ぜ混ぜしている時って至福の時間ですよね。。

カレーは混ぜないで食べる派の自分も、この汁なし担々麺はしっかりと混ぜ混ぜしていただきます。

 

 

しっかり混ぜてまずはそのまま

まずはそのまま~

麺が細くて、いい具合の硬さ。 低加水麺で、博多とんこつラーメンのバリカタ~針金くらいの硬さでしょうか。

小麦の風味もしっかりと感じることができる仕上がりとなっています。

やっぱり、汁なし麺系は、麺のうまさがダイレクトに出てくるので、麺が重要です。

《めだかタンタン》さんの麺は、麺にはうるさい自分も納得のクオリティでした。

そして、いろいろな香辛料の味が見事にマッチ。

塩気もいい感じ効いていて、いい感じです。

海老塩ダシを使っているということのようです。

この海老塩ダシは、麺のももちろんよく会うのですが、

後からくる山椒がピリッと効いていていいアクセントになっています。

今まで食べたことのない素晴らしく調合された味でした。

 

追い山椒を!

次はオリジナルの四川山椒を追加してさらにアクセントを追加!

《めだかタンタン》さんのオリジナルブレンドの四川山椒。

汁なし担々麺にめっちゃあいます!

個別に販売もしているみたいなのですが、おそらくこの汁なし担々麺以上にあう料理はないでしょう。

汁なし担々麺、混ぜ麺の可能性を感じさせてくれる1杯でした。

他にも色々なメニューがあるので食べてみたいですね~

ただ、都心からお店が遠い・・・

地元に《めだかタンタン》さんみたいな名店がある人は勝ち組だと思います。